シンガポール 就職

はじめに

当サイトでは日本人がシンガポールで就職するためのナビをしていきます。まずシンガポールで働くための予備知識、ビザの取得方法について、またシンガポールでの働き口としてどんな求人が出ているのか、シンガポールの国策と併せてご紹介していきます。

 

≫シンガポールでの就職・転職ことはじめはコチラの記事

シンガポールで就職するための条件とビザの取得

シンガポールで日本人が就職するためには就労ビザを取らなければいけません。海外で働くのに就労ビザは必須ですがシンガポールは比較的簡単に取得できるほうですのでご安心ください。

 

就労ビザの取得には必要条件を揃える事と申請書類が必要になってきますが、概ね次の条件がないと難しくなっています。

 

  • 大卒以上(短大可)。 専門学校卒の場合はある種の専門性や経験がないとキツイです。
  • 仕事の経験3年以上がベター。就業しようとする業界、職種の経験があるとビザがおりやすいです。
  • 語学力はビザの取得条件にはなっていませんが当然英語が話せる事が必要です。

 

シンガポールの就労ビザは種類があります。詳細はSingapore Government(シンガポール政府サイト)を御覧ください。

シンガポールの国策から見る求人情報

シンガポールは法人税を低率にすることで外国企業を誘致する政策を取って来ました。特に電子・電気製品、半導体、IT、ハイテク、化学メーカーは国内GDPの20%程度を占め、独立以降は外資系企業の技術を積極的に取り入れる政策によって現在のシンガポールが成り立ってきました。

 

シンガポールで就職した場合はこれらのビジネスを展開している企業からの求人を探していくのが良いとされています。

 

ここでシンガポールの求人を探すサポートをしてくれるサイトを2つご紹介しましょう

シンガポールで働くためにはシンガポールに進出している日本企業に就職することが1つ。も1つはシンガポールの現地法人に就職することが挙げられます。

 

日本企業からでシンガポールで働きたい方は「リクルートエージェント」というサイトを使うのが良いでしょう。http://www.r-agent.co.jp/

 

シンガポールの現地法人に就職したい方は「JAC Recruitment」というサイトを使うのが良いです。http://www.jac-recruitment.jp/

 

≫人材紹介会社についての詳細はこちらの記事

 

例えばどんな企業が募集していますか?

ほんの一部を求人支援サイトからピックアップしました。企業にとって海外進出のほとんどは非公開にされているケースが多いので、求人情報も非公開になっています。上記サイトに相談登録を実行した方にだけ公開される情報もあるので、是非活用してシンガポールでの就職に役立ててみてください。

  • 日系大手化学メーカー。 社内SE募集 アプリケーションの運営、保守
  • 日系化学メーカー 海外現地法人に駐在しての法人営業
  • 大手消費財メーカー マーケティング、現地駐在での法人営業
  • 総合商社 自動車販売マーケティング

国際競争力上昇中のシンガポール

ご存知の通りシンガポールの産業と今後の展望に期待が集まっていて期待値が上昇しています。日本の国際競争力よりも上をいっているのでシンガポールに目をつけている人が増えています。日本人のシンガポールでの就職もメリットが大きいといえますね。現地の商習慣を早い段階で学んでグローバルな人材として飛躍する近道になっていくでしょう!

就職後のシンガポールでの生活

シンガポールでの生活は上述の日本企業に雇われた場合と、現地の企業に雇われた場合とで大きく異なってきます。日本企業に雇われた場合のほうがかなり快適な生活を送れることは間違いありませんが、現地採用にも魅力があるようです。

≫シンガポールでの生活についての詳細はコチラの記事