シンガポールでの生活をシミュレート

シンガポールでの生活をシミュレート

シンガポールでの生活は採用された手段によって2種類考えられます。

 

  • 1つは日本企業に採用されてシンガポール駐在員となった場合
  • もう1つは現地企業に現地採用された場合です

 

上のほうは日本からの海外赴任になるのですべての責任を会社が負ってマンションや生活に必要な物を用意してくれますし、厚みのある手当も魅力です。

 

一方で現地作用の場合は勝手にシンガポールに移住しているわけなので、住宅の手当等は出ず、全て自己責任で行わなければいけません。

 

では、自分で住宅を探す場合はどのようになるでしょうか、

 

シンガポールは物価が高いと言われますが住宅費が高いんです。

 

これは公共のHDBとう団地があちこちにあり、3ベッドルーム(3LDK)で$1800〜$2000になります。1人で生活するのには持て余す広さですし、金額も10万円以上もしてしまうのでかなりシビアです。現地生活者の中にはルームシェアを活用して住んでる人もおり1ヶ月3万円程度が平均です。1人用のマンションの場合でも$1000で7万円程度になります。

 

現地の日本語対応をしてくれる不動産屋を探すのもテです。いわゆる敷金は2ヶ月で最初の家賃とあわせて3ヶ月分の支払いです。敷金は問題なければ契約満了時に戻ってきます。住宅が決まるまではホテル等で住まうかたちになるでしょう。

 

シンガポールでの生活費は食費は安く済ませることができます。シンガポールの外食産業はかなり栄えているのと、ホーカーズという屋台村のような場所があって1食500円未満で食べられます。

シンガポールでの生活をシミュレート記事一覧

シンガポールの外食産業を体験

仕事でシンガポールへ行ったことがあります。バブル全盛期の事でしたから、すっかりいろんなことを忘れてしまっています。それでも、ニュートンサーカスや、ラッフルズホテルの事は良く憶えています。シンガポールといえばイギリスの作家サマセット・モームが宿泊したホテルがあることを知っていたので、そのホテルを訪れて...

≫続きを読む

シンガポールの観光業もなかなか

年末年始にシンガポールに滞在しました。年末年始は航空券のチケットが高いとのことで、私は8月にチケットを購入。直行便のシンガポール航空は、航空会社の中でも人気が高く、乗りたい航空会社だったのですが、中々高かったので中国南方航空のビジネスクラスで行きました。名古屋ー広州(上海経由)、広州ーシンガポールと...

≫続きを読む

シンガポールで生活するとこんな感じ

こちらではシンガポールに駐在員となった場合の私生活がイメージできればと思います。シンガポールでは、トランジットを利用して滞在をしました。確か、早朝に着いて、ジェットスターでタイ行きの6時くらいの便を利用しました。シンガポール空港は24時間開いているので、早朝に着いても心配ありませんでした。まずは、空...

≫続きを読む