シンガポールで生活するとこんな感じ

シンガポールで生活するとこんな感じ【体験談】

こちらではシンガポールに駐在員となった場合の私生活がイメージできればと思います。

 

シンガポールでは、トランジットを利用して滞在をしました。確か、早朝に着いて、ジェットスターでタイ行きの6時くらいの便を利用しました。シンガポール空港は24時間開いているので、早朝に着いても心配ありませんでした。

 

 

まずは、空港内に荷物を預かってくれるところがあるのでそこで荷物を預けました。ここで気をつけることは、個数単位の値段なんです。なので、小さいバッグはまとめて一つにしておいた方がいいでしょう。

 

 

次に、インフォメーションセンターで、「今日の6時のフライトまでに帰ってこれるおすすめの場所」聞きました。自分の好み、何をしたいのかを言うと、確実なアドバイスをくれます。英語も聞き取りやすかったです。

 

 

市内までは電車でいきました。まず向かったのは、リトルインディアです。リトルインディアには、インド人がたくさんいて、インド系のお店がたくさんあるとのことでえした。たしかに、駅で降りた人たち、乗ってくる人たちにはインド人が多かったです。でも、行った時間が早すぎたのか、(というか、行く場所はあっていたのか?)お店もあまり開いてなくてなんだかがっかりしました。けれど綺麗なヒンズーのお寺があり、そこだけは結構込み合っていました。

 

 

その周辺のホーカーズ(屋台)で食べたカレーは日本の定食屋で出しても問題ないくらいの味です。朝ごはんの時間帯だったのですが、タイガービールと共にいただきました。屋台の衛生面はまったく気になりませんでした。

シンガポールで生活するとこんな感じ関連ページ

シンガポールの外食産業を体験
シンガポールの観光業もなかなか