シンガポール求人情報

シンガポール勤務の求人情報を探すには

現在日本企業のシンガポール進出が進んでおり、それにともなって求人募集が増加しています。それらの求人を探すには「リクルートエージェント」というリクルート社のサービスを活用されることをおすすめします!http://www.r-agent.co.jp/

 

ネットでシンガポール求人情報を検索してみてもほとんど見つけることが困難だということに気づくと思います。それもそのはずで、グローバル企業の情報はほとんどが非公開にされているからです。リクルートエージェントで探してもトータル約500件の求人情報に対して、公開されてるのはわずか5件と本当に少ないです。

 

非公開の求人を公開してもらうにはどうすればよいですか?

 

リクルートエージェントに相談登録をすることで可能となります。また、1度登録するとエージェントさんがあなたの就職・転職をサポートしてもらえるんです。支店での相談、海外への悩み、企業情報や、適切な面接の攻略法などを伝えてもらえます。

 

他にも海外勤務を目指す人向けの支援サービスはありますが、さすがリクルートだけあって、対応の良さ、求人の質、豊富さすべて顧客満足度ランキングで1位を獲得しています(オリコンCSにて確認)。実際に利用してみると社員さんの丁寧な対応がわかると思いますし、サイトのほうから就職をサポートしてくれる便利なシステムを利用できるので是非ご活用ください。

シンガポールの求人情報をピックアップ

シンガポールで働ける求人情報を検索すると、ハイテク産業やIT系、電気・電子、機械鉄鋼、化学が豊富にあります。

 

  • 日本企業の化学メーカー。 システムエンジニア募集 アプリケーションの運営、保守、改良
  • 日系化学メーカー 海外現地法人に駐在しての法人営業担当
  • 大手建材メーカー マーケティング担当、現地消費者の市場調査
  • 総合商社 自動車部品製造、販売、マーケティング

 

 

 

日本のIT系ベンチャー企業進出の流れ

シンガポールでは日本よりも法人税が安いこともあり多くのベンチャー企業が日本を捨ててシンガポールに拠点を移しつつあるという現状があります。日本人としてはちょっと残念なきもちもありますが、企業が存続していくためには仕方がない事かもしれません。税がやすければ企業のリスクも減少し、さらに投資をかけることができるからです。今の日本は残念ながら企業に対する税制がギリギリのところと言わざるを得ません。これ以上の税金UPは日本企業の海外移住を加速させ、結果的に日本に落ちるお金が減ることを意味しています。

 

若いフットワークの軽いベンチャー企業が積極的にシンガポールにうつりつつあるのは納得行くことと思えます。はたして、こういったベンチャー企業の求人情報はあるでしょうか。ベンチャーはわりと人脈を大切にしている傾向があります。もちろん必要な人材は求人募集をかけて探すこともありますが、なかなかオモテには出てないことが多いようです。