シンガポールの企業と産業

シンガポールの企業と産業

シンガポールは国内の資源に乏しく主に輸出型の産業として栄えて来ました。これまでの歴史から重化学工業、ITと日本がたどってきた経済の歴史とおなじような背景があります。

 

近年盛んな産業はIT、金融、貿易、運輸、製造業です。(製造業に関しては伸び悩みがあるようです。)現地日系企業との関わりが深い企業、日本本社とのやりとりが発生する業種では日本人とのビジネスを行う事になるため日本的な商習慣も必要で、日本人の現地採用枠が開けてきたといえます。特に近年多い職種は経理やコンピューター関係のスキル保有者のようです。

 

プログラマレベルで月収は$3000〜$4000、営業は$4000〜$5000、秘書で$2500〜$3000は期待できます。管理職クラスは$7000クラス。

 

シンガポールへの就職・転職で特に気になる部分だと思いますが語学力を挙げるかたが多いです。シンガポールでは英語力が重要になってきます。

 

日系企業で働く人や、日系企業を顧客に持つ企業の場合はほとんどが日本語での対応となるため、シンガポールにいても英語を使わないという人もいるほどです。

 

ただ一般的には社内でのコミュニケーションや、会議で何を話しているかを聞き取る能力は必要です。次に社内文書の作成(英語)が必要になってきます。