シンガポールで働く方法

シンガポールで働く方法

日本人でシンガポールへ就職・転職をする人は年々増えている事は確かですが、そう簡単に自国の人間を差し置いてまで他国の人間を雇い入れる数は多くはないわけです。

 

シンガポールにも日本と同じようにネットや新聞広告、求人誌で情報を収集することはできます。しかし日本人を直接採用したい場合には日本の人材紹介会社に依頼を出しているケースがほとんどです。

 

近年になって地場企業からも日本人採用の枠が開けてきていているのが特徴です。その理由はやはり低い失業率による人材確保の必要性と日系企業が関係する事業が増えているからと推測されています。

 

シンガポールでの就職の仕方は2種類あります。日本で雇われてシンガポール駐在として働く方法と、現地の企業に直接面接に行って採用されて働く方法と2種類です。前者は会社の厚い支援があるのでかなり快適な生活と仕事を送る事ができるのが一般的です。後者は自己都合自己責任ですから会社からの支援はまず期待できません。

 

 

後者の場合ですが実際にシンガポールに観光ビザを使って訪問してその期間内に現地の企業と面接を行なってしまう強者もいるようですが、おすすめしません。

 

いずれの場合でも、人材紹介会社経由で仕事を探すほうが確実です。何故なら日本人向けの求人はそういった人材紹介会社のコンサルタントに依頼を出してるケースが殆どだからです。

 

日本で雇われる場合は勿論国内で選考の手続きをしていますが、現地で雇われる場合も人材紹介会社経由で手続きをしてもらって、何社か面接にいったほうが確実です。

 

現地採用を目指す場合は現地で面接をする事がほとんどですので2〜3週間の休暇を取ってその間に何社も面接するような日程を組むようにしてください。場合によっては日本で面接をしたり、説明会が開催される場合もありますので、チェックを忘れずに。

 

国内で利用できる紹介会社はリクルートエージェントや、JAC Recruitment、パソナが実績豊富でおすすめです。

 

≫人材紹介会社の詳細はコチラの記事をご覧ください