シンガポール勤務(日本で就職)でもリクルートを活用しよう

シンガポール勤務するなら日本で就職できるリクルート

シンガポールなど海外にある企業で勤務するために、日本で求人を探して採用にこぎつけるためには、豊富な求人件数を持ち、転職もしくは就職支援の実績のある転職エージェントを活用するのが、一番便利で確実です。中でも、日本採用ではリクルートエージェントが、その求人の量と内容の質、そしてサポート体制の充実差からお勧めです。

 

日本で活動するだけの企業と違って、シンガポールに進出しているグローバル企業では、一般の求人とは異なり条件の違いや求められる人物像、能力の違いがあります。しかし、それを十分に把握して効果のある自己PRなど転職活動を行うには、プロの助けを得ることが一番です。その点、リクルートエージェントは今まで長年に亘って気付いてきたグローバル企業への転職サポートの実績がありますので、応募書類の記入や面接などにおけるコツを知っています。こうした助けを利用しない手はないでしょう。特に、日本と海外の企業では必要とされる書類や書式が異なることもありますし、英文で書く必要があるので、知識を持つ人のアドバイスが必要となるでしょう。

 

また、業種や企業ごとに求めている人材が異なります。必要なスキルや経験、資格といった外面的なことだけでなく、人柄や仕事への姿勢といったものもそれぞれ違いますので、しっかりとそれを把握して的確なアピールをすることで、より採用へ結びつけられます。リクルートエージェントでは、そのような企業ごとの細かい情報も抱えているので、一層効果的な自己PRができるように助けてくれるのです。

 

■メリットを整理

  • 日本企業のなかからシンガポール就職を探すから、就職活動が国内でできる
  • 国内の大企業から地方の零細企業まで全国の就職情報を網羅しているリクルート
  • リクルートが提携している転職エージェントが豊富にあり、そこからも紹介がもらえる

 

利用するメリットはたくさんありますが、自分自信がどれだけ本気か、というのが大切だと思います。昨今のシンガポール就職はビザの関係で難しくなっていて求められるスキルや要件も高くなってきているからです。

 

中途半端な気持ちで就職が成功した人を見たことがありません。エージェントではアナタ自信の熱意や本気度も見ていますから、それが見えない方にはサポートはそれほどなされないこともよくあります。やる気がない人の支援をするほど暇じゃないですよね。日本中から就職、転職したい人が集まってきているので担当一人で賄えない場合は後回しになっちゃいますよ。